2010年04月12日

<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)

 近畿日本ツーリストによると、オーストリア・リンツ近郊で11日午後5時(日本時間12日午前0時)ごろ、日本人観光客を乗せたバスがトラックに追突する事故があり、ツアー客ら数人がけがをした。客と添乗員計2人が一時入院したが、命に別条はないという。

 同社によると、バスに乗っていた日本人はツアー客38人と添乗員2人の計40人。現場はウィーンの西約160キロ。チェコの世界遺産、チェスキークルムロフ地区を観光後、ウィーンに向かう途中だった。

 事故に遭ったのは成田国際空港出発で、7日出発の「東部ドイツと中欧4カ国周遊10日間」と9日出発の「プラハ・ウィーン・ブダペスト8日間」のツアー参加者。20〜70代の男女で、関東、東北、中部地方在住者という。【神足俊輔】

【関連ニュース】
軍艦島:「幻の海上都市」上陸解禁直前ツアーの受付開始
近畿日本ツーリスト(9726)は7連騰 「ネット取扱高、3年間で3.6倍に増やす計画」報道で収益構造転換への期待感高まる

タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判−名古屋地裁(時事通信)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
小5重体、中学生ら6人重軽傷 青森で衝突事故(産経新聞)
「可視化」議連、法案取りまとめ方針を確認(産経新聞)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)

 与謝野馨元財務相(71)が来週にも自民党を離党し、新党を結成する意向を固めたことが2日、分かった。自ら共同代表に就任し、新党結成を目指す鳩山邦夫元総務相(61)や平沼赳夫元経済産業相(70)も合流する公算が大きい。すでに与謝野氏や園田博之前自民党幹事長代理(68)を含め現職国会議員7人が参加の意向を固めており、最終的に10〜20人規模の保守系政党となる可能性が出てきた。

 「政治とカネ」問題や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題などで鳩山政権が混迷を続ける一方、自民党の支持率も低迷しており、新党が実現すれば、みんなの党(渡辺喜美代表)と並ぶ第三極として存在感を示すことになる。夏の参院選の結果次第では、政界再編の起爆剤にもなりそうだ。

 複数の関係者によると、与謝野、園田両氏は2日午後、行動をともにする意向を固めている平沼氏、藤井孝男元運輸相(67)と都内の施設で会談。新党結成に向け、詰めの協議をしたとみられている。

 与謝野氏は「文芸春秋4月号」(3月10日発売)に「新党結成へ腹はくくった」と題する論文を発表し、自民党の谷垣禎一総裁に執行部一新を要求してきた。3月31日夜も園田氏らと会い、谷垣氏が要求に応じないならば「離党やむなし」との方針を確認した。

 これに対し、谷垣氏は1日に「参院選で戦っていく骨格である人事をいじる考えは毛頭ない」と述べ、要求を拒否したため、与謝野氏は新党結成の意向を固めたという。

 新党は「安心社会実現」を掲げ、財政健全化や社会保障の充実、日米安保堅持などの基本政策を打ち出す。平沼氏が合流すれば、さらに保守色が強まる可能性が大きい。

 一方、平沼氏は2日午前、記者団に「もう4月なので新しい党を作るのは早ければ早いほどいい」と述べ、「新たな保守勢力の結集」を掲げ、新党を結成する意向を表明。夏の参院選で新人候補の擁立を目指し、元衆院議員や民間人に出馬を打診していることも認めた。与謝野氏との連携には「今の段階では何も言えない」と明言を避けた。

 鳩山氏は2日夜、与謝野氏らの新党結成について記者団に「非常にいい動きだ。以心伝心伝わっているところがある」と述べた。

日医新会長に原中氏=民主とのパイプ強調し集票(時事通信)
<小児脳死>「24時間空け判定」 厚労省研究班が基準案(毎日新聞)
<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)
「無人島の公衆電話」が受賞=パン製造のアンデルセンが童話のメルヘン大賞−広島(時事通信)
民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

武田薬品の不眠症治療薬など5品目を承認へ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会は3月24日、武田薬品工業のロゼレム錠(適応=不眠症における入眠困難の改善)など3品目の承認の可否について審議し、承認を了承した。併せて厚労省から承認する方針が報告された10品目についても了承した。これを受け、厚労省は4月中に正式承認する。武田薬品の製品が13品目中、5品目を占めている。

 審議・承認了承となった新薬3品目は、既存薬にない新しい作用メカニズムを持つ。ロゼレムは「メラトニン受容体作動薬」で、厚労省は「既存薬で問題となる記憶障害や離脱症候といった副作用が起こりにくいのが特長」としている。参天製薬のジクアス点眼液(ドライアイ)は、涙液構成成分や水分の分泌を促進する「P2Y2受容体作動点眼薬」で、新しい治療選択肢となる。アレクシオンファーマのソリリス点滴静注が適応とする「発作性夜間ヘモグロビン尿症」の患者数は全国で430人で、うち重症の100人前後が投与対象になるという。

 報告・承認了承となった新薬10品目のうち、武田薬品の製品は▽ネシーナ錠▽メタクト配合錠(共に2型糖尿病)▽ユニシア配合錠(高血圧症)▽ベクティビックス点滴静注(結腸・直腸がん)―の4品目。

 このほかの6品目は、▽日本アルコンのデュオトラバ配合点眼液(緑内障、高眼圧症)▽田辺三菱製薬のレミケード点滴静注用(強直性脊椎炎の適応追加)▽ファイザーのリリカカプセル(帯状疱疹後神経痛)▽久光製薬のフェントステープ(中等度から高度の疼痛を伴う各種がんにおける鎮痛)▽万有製薬のコソプト配合点眼液(緑内障、高眼圧症)▽協和発酵キリンのネスプ注射液(腎性貧血を適応とする新投与経路・新効能)―。


【関連記事】
ファイザー、武田薬品の大型新薬候補の承認を了承
不眠症における入眠困難改善薬ロゼレムの承認を了承
大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会
インクレチン関連の2型糖尿病治療薬が続々と承認へ
米特許切れのマイナス影響が顕在化―武田薬品

「大阪都」20区で…橋下新党が構想案(読売新聞)
<菅財務相>雇用対策を強調(毎日新聞)
<訃報>畑中更予さん89歳=ソプラノ歌手(毎日新聞)
河村市長のブレーン離反…放課後対策問題巡り(読売新聞)
参院広島に亀井郁氏擁立へ=元県議は出馬取りやめ−国民新(時事通信)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。