2010年05月06日

皇后さまが「山つけ」 春の恒例養蚕作業(産経新聞)

 皇后さまは30日、皇居・吹上地区の屋外施設で、蚕の卵をクヌギの木につける恒例の「山つけ」をされた。「山つけ」は明治以降、皇后に受け継がれている養蚕作業の1つ。

 卵は野外で育ち緑色の繭をつくる「天蚕(てんさん)」のもの。

 ナイロン製の網で覆われた「野(や)蚕(さん)室」を訪れた皇后さまは、25個の卵がはり付けられた短冊状の和紙を、クヌギの枝に1枚ずつ丁寧にホチキスで止められた。

【関連記事】
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦
両陛下、特別展でゆかりの品々をご覧に
白洲次郎の父の邸宅跡特定 大分・竹田で晩年過ごす
皇后さま、皇居で上蔟の作業
皇后さま、蚕に桑やり 絹糸は宝物の修復に

可視化は重大事件限定も 千葉法相(産経新聞)
<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)
<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
<訃報>中林増美さん83歳=元全日本不動産協会理事長(毎日新聞)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 09:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

橋下氏市長選「出馬」発言に平松市長「的外れ…」(読売新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は14日の記者会見で、橋下知事が来年秋の次期市長選への出馬の可能性に言及したことについて、「私自身も2期目はまだ表明していない段階でターゲットにしていただけるというのは、光栄なようで、的はずれなようで……」と皮肉交じりに感想を述べた。

 橋下知事は13日の民放番組で、自らが掲げる府市再編による「大阪都構想」に平松市長が賛同しなければ「(自ら出馬する)可能性はゼロではない」と発言。平松市長は「大阪都構想はイメージばっかりで、そこに乗ってしまう動きを一番気をつけないといけない。知事は実態のないことを、さも実態があるようにおしゃべりになるのが非常に得意だ」とけん制した。

<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災(産経新聞)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)

 薬害C型肝炎訴訟の全国原告団代表、山口美智子さん(53)=福岡市=の自叙伝「いのちの歌〜薬害肝炎、たたかいの軌跡」(毎日新聞社刊)の出版記念会が13日、東京都千代田区のパレスサイドビルで開かれ、原告や弁護士、国会議員ら約100人が出席した。

 呼びかけ人の一人で自民党時代に訴訟の解決に関与した与謝野馨・新党「たちあがれ日本」共同代表が乾杯の音頭を取り、長妻昭厚生労働相は「一行一行に行政として考えさせられる部分があり、本の内容を踏まえ行政に当たりたい」と述べた。山口さんは「原告の仲間や支援者に支えられここまで来られた。問題の全面解決まで闘い続けたい」と語った。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
薬害C型肝炎:全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝
薬害C型肝炎:「医薬品基本法」制定を 有識者会議
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月
薬害C型肝炎訴訟:原告団代表・山口さんが自叙伝 「命、政治に翻弄され」

1票の格差「違憲状態」請求棄却…高松高裁(読売新聞)
祭りの御柱倒れ4人下敷き、うち1人が死亡 長野・千曲 (産経新聞)
<金沢切断遺体>韓国・済州島出身の女性と判明(毎日新聞)
父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)
posted by ヒラキ ヒデヒコ at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。